株式会社スーツネットのこれから

戦後復帰からの高度成長期や、昭和のバブル期は「モノがあれば売れる」時代でした。しかし、長引く不況下で消費者は賢く、堅実になりました。あらゆるコストパフォーマンスを意識し、他とは少し違う独自性を求めながらも、スマートな消費をします。

株式会社スーツネットは、そのような時代に適合すべく、よりコストパフォーマンスの良い商材を提供し、地域社会の物心両面の幸せレベルの向上に貢献してきます。

店舗展開としては、2018年春、広島市内にオープンしたオーダーメイドスーツ専門店の2号店として、2020年に福岡、3号店として2023年に東京、と出店を計画しています。

また移り行く時代に柔軟に対応し、絶えず変化できるように、新たな事業への取り組みも始まっています。(近日公開予定)

株式会社スーツネットのこれまで

2009年12月
株式会社スーツネット 設立
2010年6月
メンズ倉庫上安店を、広島市安佐南区にオープン
2010年10月
オーダーメイドスーツの一般向け販売を本格化
2016年1月
受注件数の増加により、企業向け制服・ユニフォームの販売を本格化
2016年6月
資本金を700万円に増資
2016年9月
企業向け制服・ユニフォーム販売の専用窓口「ユニ・トーン」を設置
2017年9月
広島県経営革新計画認定事業として認定を受ける
2017年10月
広島ドラゴンフライズとスーツサプライヤー契約を締結
2018年3月
オーダースーツ専門店「広島えびすテーラー」をオープン