企業理念・行動基準

企業理念

 

 

衣・食・住、どれもが生活に欠かせない根源的な要素です。

また「衣食足りて礼節を知る」ということわざもあります。
人は生活に余裕ができて、初めて礼儀や節度をわきまえられるようになるという意味です。つまり、礼儀や節度を持ち、幸せで、心身共に豊かな生活を営むには、まず「衣食」が重要ということです。

「衣・食・住」はなぜ、順番の最初に「衣」があるのでしょうか。またなぜ、「衣食足りて・・・」でも衣が最初にあるのでしょうか。

人は誰でも最初は赤ちゃんです。赤ちゃんとして母体から誕生し、体の汚れを綺麗に落とした後、元気に泣く赤ちゃんはまず最初に「おくるみ」に包まれます。おっぱいでも、ベビーベッドでもありません。体温調節機能がまだ上手にできない赤ちゃんは、まず最初に「おくるみ」で包み、優しく温かくたくさんの笑顔に迎えられます。

また、東日本大震災で被災し、津波に流されながらも命からがら助かった人の話では、助かった後、まず何をしたかったかを尋ねると、

「まずは着替えたかった」

という声が一番多かったそうです。3月でしたので当然かもしれませんが、まず、着替え、毛布などで暖をとり、その後、水や食事で空腹を満たし、そして、自宅に戻るのか、避難所へ行くのかといった住環境を整えます。つまり、ここでもやはり「衣・食・住」の順番だったそうです。

大人にとっても、こどもにとっても、最も根源的な要素である「衣」に関する仕事に、私たちが従事できていることを誇りに思いながらも、責任を感じます。

私たちが出来ることは決して多くはないかもしれませんが、衣食住の一端「衣」を向上することで「生活」の向上に貢献したいという想いで、新しい未来を切り開いてまいります。

 

 

 

 

行動基準

 

 

健全  礼儀正しさ  美しさ  効率

私たちはこの4つを行動基準とします。

 

これらは、スタッフがお客様に最高のパフォーマンスで応対できるように、そして商品がお客様にとって常に最高であり続けられるように、この並び順がそのまま販売・仕入れ・営業・バックヤードなどすべてを含めてスタッフの行動の優先順位となっています。

例えば、美しく派手で、最高に効率の良い宣伝や営業方法があっても、もし「健全さ」や「礼儀正しさ」という基準を満たしていなければ、するべきではありません。
また、安心、分かりやすい、正直であることなどは、全ての仕事に優先されるべきです。各社員の立場に関係なく、すべき事に迷ったときはこの「行動基準」に沿って判断し行動します。

 

【健全】
「安心」「分かりやすく」は弊社が創業から常に追い続けてきたテーマです。
弊社ではこれらのすべてを【健全】という言葉に集約しています。
納得できる品質・納得できる価格、価格設定、などすべてにおいて健全であることを最優先とします。
英語で健全性を表す「Soundness」には、堅固や安定的といった意味もあります。健全、正直であることこそが、お客様や企業の安定した確実な未来に通じると考えます。

 

【礼儀正しさ】
会社は、お客様はもちろん、メーカー、工場、配送業者、広告会社など様々な企業やたくさんの人によって「おかげ」によって成り立っています。
「弊社に関わる全ての方はVIP」の理念に基づき、相手の立場に立った、親しみやすく、心を込めたおもてなしをすることを大切にします。

 

【美しさ】
営業方針、店舗設計、接客態度などすべてにおいて美しさを追求します。
設備の清掃やスタッフの身だしなみまで、すべての美しさは正しさへの道しるべとなります。

 

【効率】
健全で、礼儀正しく、美しく、「この商品(サービス)に自社の想いが反映されているか」を常に自らに問いかけながら、多少遠回りでも、意味や想いを商品(サービス)に込める工夫をしながら効率を高めていきます。

広島で制服ユニフォームをお探しならユニトーン広島